ミニマリストのモノ選び

シンプルに生きるモノの選び方とたまに書評

モノの選び方〜②伝統やルーツについて〜

f:id:takenori7:20170706230433j:plain

 

モノを買うときに、商品自体はもちろんのことですが、ブランドも大事な要素です。

 

といっても、いわゆる高級ブランドだから良い、名前も知らないブランドだから悪いということはないと思います。また、歴史があるから良いというわけでもなく、買おうと思う商品によって使い分けるのが賢い方法だと思っています。

 

例えば、家電やパソコン、カメラなどは基本的に新しいモノやブランドの方が性能が良く、最新に近いモノでも型落ちなどを探せば廉価で性能の良いモノが手に入ります。

例えば数年前に買った10万円の一眼レフと現在の10万円の一眼レフを比べたときに性能や機能は向上しているはずです。

 

余談ですが、上記の商品で一番悔しいのが、そのときの最新モデルを買ってすぐ後にさらに新しいモデルが発売された場合です。この場合、買った最新モデルの価格はさらに新しいモデルとほぼ同等にもかかわらず、性能は落ちるという場合往々にしてあるからです。しかもさらに新しいモデルが出た後に、買った最新モデルが型落ち品として値引きされているなんてことも……。

とはいえ、欲しいときが買い時と考えると悩みすぎるのも体に良くないと思いますが。

 

服や衣料品などの日用品となると基本的に廉価で歴史のあるブランドが良いと考えています。加えて専業でしていて、歴史があって廉価なブランドです。

最近はユニクロなどのファストファッションも質が向上し、普段使うには十分すぎるほどです。特にこだわりなどがなければなんの不満もなく使うことができます。

傷んできたらすぐに買い換えることもできますし、僕自身も日常のほとんどがファストファッションではないかと思います。

 

個人的な印象ですがファストファッションや総合ブランドは基本的に80点を目指すブランドではないかと考えています。その中でたまに90点くらいのモノがあるとネットなどで話題になり、一気に人気が出て売り切れることもあります。

 

一方で専業のブランドですと80点を目指していては、価値を見出してもらえず継続していくことが難しいのではないかと思います。

なので必然的に90点以上の商品を目指すことになります。わずかな違いのように思えますが、実際に使ってみると違いを感じられます。

 

例えば、バックパックではユニクロなどに比べて、グレゴリーやミステーリランチなどの高級バックパックは背負い心地や頑丈さも段違いです。

カリマーやドイターなどは品にもよりますが、上記の商品ほど価格が高くはありませんし非常に質が良いです。

 

専業ブランドの場合、使い心地や着心地は良いのですが、多くの場合ファストファッションなどよりも価格が上がってしまいます。

それでも日用品を中心にファストファッションなどと比べてもそれほど高すぎず、廉価な専業ブランドもたくさんあります。

そういったブランドは普段使いのモノに少し金額を足すだけで日常を少しだけ心地よくすることができるのでとてもおすすめです。

こういう状態や商品のことをコスパがいい、と個人的には考えています。

 

また現在は総合ブランドであっても、はじめは専業ではじめたブランドも多くあるので、ブランドの歴史を調べることで何が得意かを見つけることができますし、それもまた楽しいですよ。

 

個人的に好きなブランドや商品を下記に記載しますので、よろしければご参考にしてくださいね。有名なので皆さんご存知だと思いますが。あ、ちなみに専業でないものもあります。

 

パタゴニア ライトウエイトトラベルトー

グンゼの肌着(セブンイレブンOEM品を購入して着心地の良さにびっくり!)

hanes パックTシャツ

リーバイスのジーンズ(定価は値が張る感じなのでセールのときに購入)

ハイランド2000のニット帽

オーシバルのボートネックシャツ

アディダスNEO バルクリーン

スペルガのスニーカー

コンバースのスニーカー

タイガーの保温ボトル

TIMEX キャンパー(セールか中古がおすすめ)

今治タオル

Dr.ブロナーマジックソープ

ぺんてるのプラマン

ロディアのメモ帳

手ぬぐい

 

エアロビー エアロプレス

ブラウンの髭剃り(携帯用)

Turkのフライパン(並行輸入品・正規品は高いですが親子三代で使えます。)

 

 

カマルグ ペルルドセル(塩としては高いですが、料理が3割ましで美味しくなります))

ヤマロク醤油 鶴醤、菊醤

DIVELLAのパスタ

 

 

モノの選び方〜①デザイン・機能


f:id:takenori7:20170706212343j:image


①デザインや機能について

品質、というのはモノを買うにあたって、かなり大事な部分です。

それだけに一人ひとりの個性や好みが出る部分ではないかと思います。

なので、以下は僕個人ならどう考えるかということを書いています。

 

僕の中のガイドラインは、軽い、頑丈、シンプルです。

 

ブログには書いていませんが、最近ジュライナインのスシサックを購入しました。

 

このスシサックは、巻き寿司みたいにコンパクトに丸められるトートバッグなのですが、57gという軽さ!

そして生地は丈夫なリップストップナイロン、そして形もおしゃれ感はありながら非常にシンプルです。

軽ければ軽いほど足取りが軽く、行動的に過ごせる気がします。

 

丈夫だと長く使えます。

 

シンプルというのは僕にとって重要なことで、いろいろな機能が付いていても、結局はいろいろな機能の中から一つの機能しか使わないことが多いんです。

それならはじめから、よく使う機能に絞った方がわかりやすいし、選びやすい。

上記のトートの場合ですと荷物が少なく気軽に出かけたいときに、迷わず選べるというのがありがたいです。

 

人間の意思力は筋肉みたいなものと言われており、使えば使うほど疲れますし、上手に使えば鍛えることもできるそうです。

なので、朝よりも夕方のほうが誘惑に負けやすいようです。

 

話が飛びましたが、僕は細かいことでも色々考えてしまう方タイプだと思っています。

その点では意思力を浪費しやすいと思うので、考えずに決められるというのがとてもありがたいのです。

 

ちなみに服やカバンなどでは素材を少し調べるだけで、モノの特徴や機能、品質が見えてきます。

モノの特徴が見えてくると、モノを買うことと先の記事で書きましたモノを買うことで解決したい内容を上手にフィットさせる事ができるようになってきます。

 

Tシャツ一つとっても、着心地の良いスーピマコットンを選ぶのか、速乾性のあるナイロンを選ぶのか、あるいは麻を選ぶのかで得られる効果が変わってきます。

 

フィーリングで決めてきたという方も少し知るだけで選ぶのがより楽しくなるのではないでしょうか。

 

服などの代表的な素材を以下に簡単に書きますので参考になれば嬉しいです。

 

コットン(綿)…丈夫、着心地が良い、水分をよく含む。コットンの中でも希少性があり着心地が良いと言われるスーピマコットンがある。

 

ナイロン…丈夫、速乾性がある、色々種類があり、バリスティックナイロンやコーデュラナイロンは非常に強度があり、バックパックなどでも使われる。リップスティックナイロンは破れても破れ口を小さく保つことができる織り方をしたナイロン。リモンタナイロンは高級感があり、バッグなどによく使われる。

余談ですが、僕の一番好きな素材です。

 

ポリウレタン…伸縮性がありナイロンや綿と組み合わせて使われることが多い。特にスキニーパンツではほとんどと言っていいほど使われる。またコーティングとしても防水目的などで使われる。加水分解という経年劣化があり、数年でボロボロになる場合もある。

 

革…豚、牛、馬と種類がありそれぞれ特徴的。基本的には頑丈で、フォーマルな印象。手入れをすると長く使え、経年変化を好む人もいる。

頑丈で長持ちするため靴によく使われる。

 

麻…天然素材の中では速乾性があり、保存性も高い。着心地は綿に劣る場合が多い。

 

ゴアテックス…レインウェアを中心に幅広く使われる生地で、水は通さないが水蒸気は通すため、ムレが軽減される。

 

タイベック…最近ペーパーウォレットなどで使われ知名度が上がってきた。元々は建材。強度も高く水も通さず軽い。熱に弱い。

 

 

読んでいただき、ありがとうございました。

 

モノの選び方

ノロノロと投稿しておりますが、今回はブログタイトルにもなっているモノの選び方について書きます。

 

断捨離が一時ブームになり、現在では定着した言葉になりました。。

整理したり捨てたりするときは「断捨離する」ことでモノを減らせるのではないかと思います。

 

逆にモノを買うときはどうやって選んだら良いのでしょうか。

もちろん、直感でコレ!という買い方も良いと思います。

しかし改めて「買う」行為を見てみると、用途や価格、品質などそれ以外にもたくさん考えたり決めないといけないことに気づくと思います。

忙しい日々の中、たくさんの要素を考えるのは大変なものです。なので、買おうかな、やめとこうかなと何度も考えた挙句、えいやっと買うことも多いのではないでしょうか。

 

ここに書かせてもらうのは、あくまで僕自身がどんなことを考えてモノを買っているかという考え方ですが、読んでくださった方の参考になれば嬉しいです。

 

さて、モノの選び方を書く前にひとつだけ。

モノを買う前に一番大事なこと、それは生活の中でこれが欲しい、と感じることです。

例えば旅行に行くのに、荷物が多くて交通機関を使って歩いて行くのは大変だから、車がほしいと思うことです。

いわゆる不満やニーズがある状態ですね。

この不満やニーズを解決する方法の一つとして私たちはモノを買います。

なので、「モノを買う」以外の方法があれば、それを選んでもいいわけです。

上記の車の話で言えば、誰かに借りるのも一つの方法でしょう。

シンプルに生活する考え方として、モノを買う前に手持ちモノで代用できないか、あるいは持っていなくても誰かに借りられないか、と考えると視野が広がります。

 

長くなりましたが本題に入ります。モノを買うときの僕の選ぶ要素としては、大きく分けて以下の3つを考えます。

 

①デザインや機能=品質

②伝統やルーツ=歴史

③価格=対価

 

この3つの要素をうまく組み合わせることで、なんとなく買ってしまうことや欲しいと思いながらモヤモヤする状況を減らせるのではないかと考えています。

特に価格というのは大きな要素で、「欲しいんだけど」と思いながらも延々悩むのは、ここがネックということも多くあります。

 

もちろん、上記の3つの要素は僕にとっての基準なので、それぞれにアレンジして使っていただけたらと思います。

自分の中にはっきりした基準を作ることで買って後悔、買わずに後悔を減らすことができる場面が増えます。

するとだんだん無駄遣いが減り、結果としてシンプルに生活できるのではないでしょうか。

 

それぞれの要素について、一つずつ書いていきたいと思いますが、長くなりますので、次の投稿から3つに分けて書いていきます。

 

 

読んでいただきありがとうございます。

ではでは!

 

TNF ストライクジャケット

f:id:takenori7:20170301001352j:image

 

The North Face「strike jacket」

 

防水ジャケットの3層構造では超軽量の130g。すごく軽いです。3層構造というのはナイロン生地で防水生地をサンドイッチしたような構造のことです。収納袋もついています。

着た感覚は完全防水のウインドブレーカーという感じです。

3層構造の防水ジャケットとしては価格が高すぎないのも良いですね。

 

◎いいところ

 一番は軽いことです。防水ジャケットというと生地も固くて着るのに少し気合がいる感じがしますが、このストライクジャケットは記事も比較的柔らかく気軽に羽織る感じです。その上、雨などの水滴をシャットアウトしてくれるので日常使いにはもちろん旅などにも最適です。

軽量の防水ジャケットというと、よくあるのが2.5層のジャケット。2.5層というのは外側にナイロンなどの生地がありその内側に防水生地をプリントしたものです。防水生地は着たときにべたつく感じがするのでその軽減のために別の素材を生地にプリントしていますが、防水生地は露出しているので実際はそれでもベタつき感はあります。

3層構造のストライクジャケットはそれもなく、快適に着られます。

 

◎イマイチなところ

 軽量化のため、生地が薄いです。

ジップに生地が噛みやすいのも気になるところ。実際、胸ポケットを急いで閉めたときに生地がかんでしまい試行錯誤していたら内側が1センチほど破れてしまいました。

収納を袋に入れないといけないところ。できればパタゴニアのM10ジャケットなどのように胸ポケットに収納できる形ならなお良かったです。

 

このストライクジャケットに出会うまでは中古で購入したパタゴニアM10ジャケットを愛用していました。

M10ジャケットのほうが生地や作りもしっかりしています(価格もずっと高い)。用途としても本気のクライミングなどでも使えるため、防水ジャケットと着ている、といった感じがありました。

 一方でストライクジャケットは気軽に羽織れる感じ。

山登りはしますが、自分の生活パターンを振り返ると圧倒的に山で着るより街で着るほうが多い。その為、ガッチリとしすぎていない防水ジャケットと探していたときにインターネットの軽量な防水ジャケットを比較した生地で初めて見かけました。

街できるならデザイン性も高いほうが良いと考え、ノースフェイスを選びました。

もちろん他のジャケットも良かったのですが、自分の感覚とフィットしたと感じたので。

 

 購入してからのおそらく一番よく着用しているのではないかと思います。

時期によってはほぼ毎日着ています。

 

○選び方ポイント

・コンパクトで軽いのでいつでも持ち歩ける

・街で着る想定なので、機能はそこそこにデザイン重視

・防水ジャケットとしては比較的安価

 

ちなみに僕はインターネットオークションで購入しましたが、新品ならアマゾンか楽天でも購入できます。

好みの色があればアマゾンよりも楽天の方が選択肢はありそうです。

 

ザ・ノース・フェイス(THE NORTH FACE) ストライクジャケット NP11500 MR モンスターブルー M

 

ノースフェイス(THE NORTH FACE) ストライクジャケット Strike Jacket NP11500 K メンズ レインウェア (Men's)

アイリスオーヤマ エアリーマットレス

f:id:takenori7:20160605135413j:image

 
アイリスオーヤマ「エアリーマットレス」
 
マットレスがエアロキューブという特殊素材でできているマットレスです。エアロキューブというとピンときませんが、形としては袋のインスタントラーメンのような形をしています。通気性が非常によく、マットレスの中に湿気がたまりません。また三つ折りにできるため、使用しない時は布団のようにコンパクトに畳むことができ、様々なミニマリストの方のブログでも紹介されている、ある意味でミニマリスト御用達のマットレスです。
 
◎いいところ
通気性が良いため、布団に比べて敷きっぱなしにしてもカビのリスクは低く、安心して敷きっぱなしにできます。敷きっぱなしにすること自体が良くないのですが。
僕が持っているエアリーマットレスの厚みは5センチのものなのですがクッション性があり布団で寝ているのと変わらない感覚で眠ることができます。
また軽量なので、持ち運びが楽で干すのも負担になりません。
 
 
◎イマイチなところ
1年以上使用するとさすがクッション性は弱まり、わずかに底つき感が感じられます。
通気性が良いことが冬にはイマイチな点になってしまいます。正直これ一枚だけで冬を越すのは強靭な肉体の持ち主でなければ不可能ではないかと思います。
僕はマットレスの下にアルミマット、マットレスの上にはパットを敷いて寝ています。
 
 
 
持ち物を減らしたい、というか引っ越しの時にあまりかさばらないものがいいと思って色々とネットを検索しました。するとミニマリストの方のブログでちょくちょく見かけ、どのブログでも良い評価だったのでだんだんと気になり始めました。決め手になったのは「布団として使用しない時は3つ折りに畳んでソファのように使う」という使い方を見たからでした。
実際に買って見て寝心地も良かったですし、湿気に対して神経質にならなくていいのは非常にありがたいです。
上にも書きましたが1年以上使用しており、少しへたってきたので新しくしたい気持ちもあります。購入した時には知りませんでしたが、同じ素材で布団タイプのエアリー敷布団も出ているようで気になっています。
 
○選び方ポイント
・ネットでミニマリスト御用達だった
・折りたたむとソファっぽくなると思った(結局、その用途では使わず)
・中身を入れ替えることでヘタリを緩和でき、長持ちしそう
 
写真では黒っぽく見えますがブラウンのものをアマゾンで購入しました。

アイリスオーヤマ エアリーマットレス ブラウン シングル MAR-S

布団タイプはこちら。気になっています。
 

寝ることについて<書評>

今回はモノの話ではなく、最近気になっている睡眠の話です。

特に不眠というわけではないのですが、日中に頭がぼんやりすることがあるのでそれをなんとかしたいなと考えていたところ、睡眠に関する本がKindleアンリミテッドにあったので読んでみました。

睡眠時間が6時間以下の日が続くと脳のパフォーマンスは酩酊状態と同じとのこと。

本のタイトル通り一流の方が皆こだわっているのかはともかく、1日の3分の1ひいては人生に3分の1の時間と言われる睡眠時間。これまでそうだと思っていたことも実は違っているなど、本から気付かされることもありました。

 

 以下には自分なりの要点のメモと感想を書きましたのでよかったら。

 

 

『なぜ一流の人はみな「眠り」にこだわるのか』岩田アリチカ

 

・睡眠への思い込みを変える。

→睡眠時間は1日の終わりではなく、逆転の発想で明日の始まりと考えるのは新鮮でした。僕も布団に入ると1日の終わりと思っていたので。

 

・自分にとって最適な睡眠時間を知る。

→夜寝てから目覚ましをかけずに自然に起きたときの睡眠時間が自分にとって最適な睡眠時間だそうです。僕は7時間30分でした。普通ですね。

 

・午後の昼寝は目を閉じて脳を休ませるだけでもいい。

→仕事をしているとなかなか昼寝はできません。その点、目を閉じるだけというのはありがたいです。ちなみに一般的にハフォーマンスをあげる昼寝の方法としては、カフェインを摂取してから15分ほど眠るのがいいそうです。

 

・休日の朝寝坊は2時間までOK。

→休みの日の朝はゆっくりしたいです。2時間までOKというのは気持ちに余裕が持てます。といっても本書では平日に睡眠時間があまり取れない場合の緊急対策で、朝寝坊の習慣化は推奨していませんが。

 

・眠る前に5分でリラックスするには腹式呼吸

→布団などで横になってから腹式呼吸をしていきを数える方法が紹介されていました。この方法は瞑想と同じなんでリラックスだけではなく気持ちのリセットにも効果的です。

 

・夕方に軽く体を動かす。

→軽い運動はスムーズに眠るために効果的なようです。激しい運動や寝る直前の運動は逆効果で脳が興奮して眠れなくなります。

 

・寝る前のカフェインは避ける。

→カフェインの効果は最大で5時間程度つづくので、睡眠時間から逆算して飲むのが良いということです。これは意識しないとうっかりしてしまいそう。カフェインというと紅茶や緑茶にも含まれていますね。

 

・寝る前にリラックスタイムをつくる。

→人によるとは思いますが、本書では入浴がすすめられていました。本当は湯船に浸かるのがいいと思いますが、普段はシャワーしかしないのでそれでもいいのでしょうか。

 

・眠くなるまでは布団に入らない。

→たとえば眠る前などに布団の中でスマホを触ることが習慣化すると、脳は布団を「スマホをする場所」として活性化してしまいます。逆に布団=眠る場所と脳に認識させるとスムーズに眠りに入れるようです。

といってもスマホをつい触ってしまいます。

 

・夕食は寝る2~3時間前に済ませる

→食事を消化するのは基礎代謝の中でもかなりカロリーを食化する代謝です。カロリーを使うということはそれだけ体が働いているということです。消化には2~3時間かかるようで体が休める状態になってから眠るというのは理にかなっていますね。

 

・部屋の温度を整える。夏は26~28度。冬は16度~19度。

→適温は住む地域によっても違う気もします。エアコンの設定温度は実際の室温と違うことがあるので温度計を買わないといけませんね。

 

・寒い時は敷き寝具で保温する。

→寒い時はつい掛け布団の上に毛布をかけたり掛ける方で保温しがちですが、実は逆だったんですね。敷き布団側から熱が逃げていくそうです。毛布の保温は①敷き布団の上に敷く→②掛け布団の上にかける→③掛け布団の下にかけるの順で効果的です。

 

・起床時間を早めるには30分/2週間のペースで変えていく

→いきなり1時間や2時間早めるとなかなか続かないようです。ただ早くする、というだけでプレッシャーを感じる気もします。

 

・朝起きたら日の光を浴びる

→これは昔から言われていることですね。

ことはとても重要だと感じました。

 

 

このところ睡眠に関する本は色々と出ていますので、この本に限らず他に参考になる本もあると思います。興味があれば是非読んで見てくださいね。

 

ちなみに今使っている敷布団(?)はアイリスオーヤマのエアリーマットレスです。

アイリスオーヤマ エアリーマットレス ブラウン シングル MAR-S

 

 ではでは。

 

Dr.ブロナー マジックソープ

f:id:takenori7:20160605134729j:image

Dr.ブロナー「マジックソープ
 

 

カスチール石鹸が由来の液体石鹸です。基本的な原材料が植物性のオイルで、汚れはしっかり落ちるのにあまりつっぱらない。

シャンプーとしてはもちろん、全身を洗うことができ、中には薄めて食器用の洗剤として使う事もできます。

 

 ◎いいところ

洗浄力がありすぎず、なさすぎず好い加減で、スッキリ汚れが落ちた感じがありながら、変なつっぱり感もなく、気持ちの良い洗い上がりです。香りが十数種類あり、中には殺菌作用のあるものも。

洗うことにかけてはかなりの万能ぶりで体を洗う他、歯磨きや洗濯、食器や床の洗浄にも使えるようです。

歯磨きとしては僕も何度か使ったことがあります。

 

◎イマイチなところ

少し高い気もしますが、原料がオーガニックかつ洗うことの万能さを考えればこんなものかもしれません。

普通の薬局では売っていないのは不便です。東急ハンズAmazonで購入しています。

歯磨きとして使あるかは1人よるところが大きい気がします。口の中に入れても大丈夫とはいえ、味はかなり個性的。個人的に使う場面としては、普段使っている歯磨き粉が無くなり、すぐに買えない場面くらいです。

 

 

お風呂に入る時、シャンプー、コンディショナー、洗顔ウォッシュ、ボディソープと4つの洗剤を使い分けるのが「普通」という感じですが、僕にとっては4つもあるのは手間がかかるので苦手でした。

ジョンマスターオーガニックや牛乳石鹸高城剛氏のオススメする毛穴撫子なども試してみましたが、洗浄力や洗い上がり、旅行にも持って行きやすいボトルなどの要素から、しっくりきたのがマジックソープでした。
コンディショナーのしっとり感さえ断捨離できれば、マジックソープを使うのに問題はありません。
基本的には殺菌作用のあるティーツリーを使っていますが、夏場はペパーミントがお気に入りです。
上記2つはマジックソープの中でも個性が強い方なので、はじめはローズなど柔らかい香りのものをオススメします。
 
○選び方ポイント
・これ一本で全身洗えるので楽ちん
・なのでジャンプー、リンス、洗顔を別に買うときの価格と変わらない
・殺菌効果があった(ティーツリー)
 
僕は小さいサイズのものを定期的にamazonで買っています。
楽天からも買えます。