ミニマリストのモノ選び

シンプルに生きるモノの選び方とたまに書考

なぜ「シンプル・イズ・ベスト」なのか考えてみた

f:id:takenori7:20170104152417j:plain

 

「シンプル・イズ・ベスト」

 

たまに耳にする「シンプル・イズ・ベスト」。

そしてミニマリストもシンプルさを好む傾向にあります。

 

一方で専門家、スペシャリストがすごいと言われる場合が多いのも事実だと思います。

テレビなどでは何があるとすぐ専門家が出てきて話ています。 

 

 僕も複雑なことをサラッとこなしてしまうスペシャリストに憧れる気持ちもあります。

でもシンプルなのが好きです(笑)

 

個人的なイメージですが、それぞれの特徴を対照的かつすごく大雑把に捉えるなら以下のような形になるのではないかと思っています。

 

<シンプルさ>

・わかりやすい

・実行しやすい

・汎用性がある

・大当たりしない代わりに大きく外れることも少ない

・比較的誰にでもできる

 

<スペシャリスト(複雑さ)>

・わかりにくい(高度な内容)

・実行するには一定の環境が必要

・1つのことに特化している

・大当たりになる事もあるが、全く役に立たないこともある

・一定の訓練をした人しかできない

 

仕事を除いた生活場面で言えば、8割以上の場面で専門的な知識や訓練(例えばジャンボジェット機の操作方法など)を必要とする場面はないと思います。

 

何かを買うのも、食べるのも、寝るのも、特別な理由や状況などでなければ意識せずできると思います。

 

生活場面で言えば生きるのに必要なのは基本的に食べて寝ることなので、複雑なことは必要なく、その点では複雑さは要らず、シンプル・イズ・ベストです。

 

ただシンプル・イズ・ベストが使われる場面としては、何か問題が起こって悩んでいる状況が多いのではないかと思います。

 

その場合はなぜ、シンプル・イズ・ベストなのでしょうか。

 

もちろん状況によって理由はあると思いますが、基本的に人間の脳はシングルタスクということが大きいと考えています。

 

実はマルチタスクができていると思っていても実際には脳はAに注意を向け、次にBに注意を向けるという形でシングルタスクを交互に行っているそうです。結果としてタスクを実行する精度が下がってしまう可能性が高まります。

 

マルチタスクの話は余談で話を戻すと、専門性にもつながる「複雑さ」は分からない状態を引き起こし、分からないと実際に行動する時にハードルが上がり、行動の精度も下がります。

 

また人間の直感は7割正しいと言われています(正しいの定義は色々あると思いますが、この場合は状況に適していると考えます)。

実際にプロの棋士は直感で次の手が浮かび、この手が良い手がどうかを確かめるのに手を読むそうです。

 

僕たちも何か悩んでいるときも色々考えた結果、はじめに浮かんだアイデアが一番良いということが往々にあるのではないでしょうか。

 

 

上記の点から考えると、結論としてはシンプル・イズ・ベストはうまく行く可能性が高いこと(はじめのアイデア)をシングルタスクで集中して取り組むことで、良い結果につながりやすいということではないかと思います。

 

 

シンプルさについて考えてみましたが、この記事自体が複雑な感じになってしまいました(^_^;)

 

 

シンプルにまとめると、

 

「直感を信じて全力を出す」

「わかりやすいのが一番いい」

「誰にでもできることが役に立つ」

 

といった感じでしょうか。

 

 

 個人的には「誰にでもできることが役に立つ」が一番しっくりきます。

 

 

読んでいただきありがとうございました。

すべすべで爽快な剃り心地は病みつき〜ミューレ クラシックレイザー〜


f:id:takenori7:20170820191942j:image

 

ミューレ「クラシックレイザー」

 

 

ひげ剃りというと電気ひげ剃りやジレットなどのカートリッジ式という方も多いと思います。僕もこのひげ剃りを使うまでは「両刃カミソリ」というジャンルがあるのを知りませんでした。

 

ミューレはドイツの会社ですが、ドイツというと機能はシンプルで優れている職人気質なイメージがあります。

1枚しか刃はありませんがドイツらしく切れ味が抜群です。

本体も金属でできており、よっぽどのことがない限りは長く使えそうです。

 

 

◎いいところ

切れ味は抜群で、剃り終わった後の爽快感は素晴らしいです。触った感じもスベスベになります。

ほかの髭剃りと比べてになりますが、5枚刃などの髭剃りだと4~5日使用するとはっきりとわかるくらい切れ味が落ちて髭に引っかかってしまいます。

 

一方、両刃カミソリだと切れ味の良さが2週間以上長持ちする印象です。

 

電動カミソリだとすごく手軽なんですが剃り残しや剃ったはずなのに髭でざらざらする感じが残ることもあります。

 

繰り返しになりますが、両刃カミソリで剃った後はすごい爽快感です。

 

 

◎イマイチなところ

 上記のいいところを打ち消して余りあるのが、剃りの難しさです。難しいというのは髭だけでなく自分の顎もすっぱりと切ってしまうことがある、ということです。

 

僕も使いはじめのころは何度か切って血が出てしまいましたが、繰り返すことで慣れてくるのと、自分に合った替え刃にすることで解決しました。

 

こだわらなければよいのでしょうが髭剃りをはじめて何年も、電動カミソリの剃りの甘さとカートリッジ式の替え刃の切れ味の持続が短いのがずっと気になっていました。

 

インターネットで髭剃りのことを調べているときに見つけたのが、両刃カミソリ。よく言えば重厚感や雰囲気がある、レトロな感じなのですが、悪く言えば時代遅れ。

 

購入できる場所も少なくとも僕の近隣にはありませんし、替え刃もほとんど売っていません。

そんな状況なので結局ネットで購入。

 

同じ髭剃りでもカートリッジ式の髭剃りだと本体は安く、替え刃が高い売り方。一方両刃式カミソリは本体が高く、替え刃が安い売り方。

 

長い目で見ると替え刃が安い(しかも長持ちする)ことでコストパフォーマンスも高いかな、と思っています。

 

本体が持てば一生、両刃式カミソリでいいかなと考えています。

 

替え刃に関してはフェザーのものも売っていないわけではないのですが、フェザーのものだと自分に合わなかったようで、全然うまく剃れませんでした。

顎を切りまくってさすがに少し落ち込みました。

結局、ミューレの日本の公式サイトから替え刃を購入しています。

 

ちなみに剃刀の替え刃はジョジョの奇妙な冒険で出てくるような薄い剃刀で、ジョジョ好きにはまたグッときます。

 

 

 

◎選び方ポイント 

切れ味抜群なので剃り心地が良い

本体が丈夫で長く使える

替え刃が安く、長期的にコストパフォーマンスが期待できる

(※毎日剃っているわけではないので参考にはならないと思いますが、実際に12枚入り2セット購入しましたが1年たってまだ使い切っていません。替え刃を使うペースは個人差があると思うのでもっと早く使い切る方もいると思います)

 

 

近くで売っていないので、楽天で購入しました。

【楽天市場】05P03Dec16ミューレ TRADITIONAL クラシックレイザー(両刃カミソリ)/クローズドコム・メタル(R89):Gents club

コンパクトですぐ乾く、旅のお供に〜岡山の手ぬぐい〜

f:id:takenori7:20160605135939j:image

 
岡山に旅行に行ったときに購入した「手ぬぐい」
 
 
綿100%の手ぬぐいです。
このほかに京都や乗鞍岳で手ぬぐいを買ったので何枚か持っています。
 
◎いいところ
タオルに比べてかさばらず、とても乾きやすいので重宝しています。
旅行の際などはタオルだとかなりの容量になるのに、手ぬぐいだと持ち物をコンパクトに出来るのでお気に入り。
もちろん普段もヘビーユースしています。
写真の手ぬぐいは岡山の風景などをかわいらしく描いているので和みます。
 
◎イマイチなところ
吸水量がタオルに比べて少ないところは少し面倒ですね。モノによっては生地の端がかなりほつれてくるので、手などを拭いているときに引っかかることがあります。端のほつれは長く使ってくるとほとんど無くなってはくるのですが。
 
 
 
ブログでも書いたジャパンブルージーンズを買いに岡山に行ったときに、倉敷観光をしました。
倉敷美観地区には様々なお店があり、その中にあった手ぬぐい専門店で買いました。
手ぬぐいを買おうと思ったのは、様々なミニマリストの方のブログなどを読んでいると手ぬぐいをおすすめしている記事を見かけて気になったからでした。
タオルと違って模様や絵柄がたくさんあり、その中から選べるのも面白いです。
イマイチなところでも書きましたが、吸水量についてはタオルに軍配が上がります。
お風呂から上がって体を拭くときは一回では拭ききれないので、ある程度拭いたら一度絞ってから拭いています。
コンパクトで速乾という点では水泳用のセームタオルや登山用のコンパクトタオルなどもあるのですが、どちらもある程度の期間使用しているとけっこう臭いが気になってしまいます。
手ぬぐいはそんなことがないので、この点も自分にとってはありがたいところ。
 
 
◎選び方ポイント
コンパクトになるので旅に便利
すぐに乾く
行く先でその土地でしか買えない手拭いがある
 
 
旅行へ行ったときにお土産的に買うこともありますが、近所には売っていないので足りなくなったらネットで購入します。
 

ミニマリストを目指しているのに……モノが増えました

 

f:id:takenori7:20170816175016p:plain

 

ミニマリストシンプルライフといえばapple社のmacが定番という印象もありますが、macができないことも実はそれなりにあります。

例えばPCゲームをしたいと思っても、ゲームがmacに対応しておらず、プレイできないということも……。

モノを無駄に増やしたくはありませんがYouTuberの方がプレイしているのを見て、PUBG<player unknown's battle ground>とウィッチャーの世界でプレイされているカードゲーム「グウェント」をどうしてもプレイしてみたくなり、ゲーミングPCなるものを購入してしまいました。

将来的にはディスプレイを増やして、作業を快適にしたい気持ちもありますがモノが増えるので要検討です。

 

 

そもそもWindowsPCを持っていないことから始まったパソコン選び。

いろいろ調べておよそ3日間、合計で10時間ぐらい調べていたと思います(笑)

はじめは普通のパソコンも考えましたが、ゲームをするにはグラフィックボードという普通のパソコンにはないパーツが必要とのこと。

しかもグラフィックボードにも様々な種類があり性能が違います。

パソコン自体にも性能の違いがたくさんあり、とても迷いました。

ゲームに飽きてしまったら無駄になる可能性があるので、購入したのはエントリーモデルのゲーミングPCで「GALLERIA DJ」です。

購入したのはドスパラという会社のパソコン。ネットで調べたところ、とても評判が良いこと、他の会社に比べて性能に対しての価格が安いと感じたことからこの会社で購入しました。

この会社を比べるだけでも多分5時間くらい使っていたと思います(^_^;)

 

シンプルライフ的な視点から言えば正直なところ、場所をとるデスクトップパソコンは場所をとられる感じです。

でもモノを減らすのが目的でミニマリストになるわけではないと思いますし、何事も楽しんでこそだと思うので。

……なんだか買ったことへの言い訳みたいになってしまいましたが、パソコン自体は爆速でとても快適です。

ブログを書く速度も早くなりそうです。(更新頻度は別として……)

 

PUBGもプレイし始めています。

ハマっています。

わかる人にしかわからない内容ですがゲーム初心者ですが「ドン勝」とることができました。

 

読んでいただきありがとうございました。

 

 

 

10時間悩んでパソコンを買ったのはこの会社。ゲームもそれ以外の作業もとても快適です。

ドスパラ

 

この会社も評判が良く、最後まで上記の会社と比べて悩みました。

【G-Tune】

 

モノの選び方~③買う場所と価格<半額で買う方法>~

f:id:takenori7:20160605135216j:plain

 

③買う場所と価格について~半額で買う方法~

 

 

物を買うとき、どこで買いますか?

 

もちろん買うものによって違うと思います。

たとえば服なら着てみないとわかりませんし、家電製品を中古で買うには不安があるかもしれません。

しかし、少し工夫するだけでほしいものが半額で買えたり、そこまでいかなくてもお得に手に入れられたりします。

 

 

僕の場合ですが、買う場所はいくつかのパターンに分かれます。といっても実店舗とネットでは圧倒的にネットのほうが多いのですが。

 

ネットでも買いたいものによって使うサイトが変わってきます。

また今必要なのか、それとも少し先で必要になるのかによって新品と中古の購入を使い分けることもあります。

 

具体的には以下のような形です。

 

 

ちなみに全部読むのが面倒な方に向けて一言でまとめると僕の場合は

 

「使う期間が短いモノは店舗で、使う期間が長いモノはネットで」

 

買うことが多いです。

 

 

 

A:消耗品

アマゾン、ホームセンター、スーパーマーケット、ドラッグストアを使い分けます。

基本的にはアマゾンが好きなのですが、洗剤やごみ袋などは近所のホームセンターやスーパーマーケット、ドラッグストアなどで購入したほうがお得な場合が多いからです。

とは言え、先に紹介したこともあるマジックソープなどはだいたいおしゃれな雑貨屋などにしかないのでアマゾンで購入しています。

 

 

B:服、カバンなど

・今すぐ必要でない場合→ヤフオク、メルカリ、zozotown、アマゾン、楽天、ブランドの店舗

使うまでに余裕がある場合はオークションサイトやフリマサイトなどで状態のいいものを探します。趣味で山登りをするのですが、山ウェアは新品で購入するととても高いです。ブランドを応援する気持ちで購入する場合はよいのですが、必要なので買う場合や機能性から買う場合は新古品を探すほうがお得に購入できます。

 

・すぐに必要な場合→アマゾン、楽天、ブランドの店舗またはネットショップ

ネットオークションやフリマサイトで購入する場合、取引のやり取りや発想を含めると早くて2,3日、遅い場合は2週間以上かかる場合もあります。そのため、すぐに必要なものは上記のサイトは使いません。

 

 

C:家電製品

洗濯機や電子レンジなどは店舗に行って見てから価格コムなどで比較してネットで購入というパターンが多いです。掃除機や扇風機などはアマゾンで購入することが多いです。

 

 

D:食料品

基本的には近隣のスーパーマーケットで購入します。風邪をひいて外に出るのがしんどい時などはごくたまにアマゾンのprimenowを利用したこともありました。

 

 

さて、「使う期間が短いモノは店舗で、使う期間が長いモノはネットで」と書くと、逆じゃないかという意見もあると思います。

 

確かにその通りかとも思います。実際に僕はバイクに乗るのですが、さすがにバイクはネットではなく店舗へ行って購入しました(ある意味命にかかわる部分なので)。

 

 

ではなぜ長く使うモノをネットで買うのでしょうか。

使う期間が長くなるにつれて定価が高いモノが増え、定価が高いモノほどネットで購入したほうが割引率が高くなる傾向にあるからです。

 

買い物をするときに少し工夫するだけで支払う金額はかなり変わってくると思います。

僕が購入してきた中ですべて定価で購入した場合と比べるとここ数年だけで数十万円は違ってきているように思います。

 

 

上記の内容ではわかりにくいところもあると思うので実例を一つ。

 

趣味の山登りでレインウェアを購入した時の話ですが、このとき欲しかったのがpatagoniaのM10ジャケット(この記事の写真)です。定価は55080円で山のプロでもなければかなり大きな決断になる価格です。

実際に購入した価格は約20000円で半額以下でした。

 

①はじめにアマゾンや楽天パタゴニアのセールなどを調べましたが、定価とほとんど変わりませんでした。

ちなみにアマゾンは総合店、楽天は商店街のイメージで全体的にはアマゾンのほうが安いですが、楽天は掘り出し物がある印象です。

 

②次にヤフオクとメルカリで「patagonia M10ジャケット」を検索します。

ヤフオクのポイントは詳細検索でチェックできる「中古」「個人」です。こうすることで「買ってみたけど合わなかったので出品」している方を見つけやすくなります。

そのような方の中でも出費分を取り返そうとする方と中古品として出品する方がいます。

目をつけるのは中古品として出品している方です。非常に状態がいいのに中古品として出品しているので、価格設定も低めにされていることが多いです。

 

また自分の体のサイズとブランドのサイズを知っておくのも上手に買うためのコツです。patagoniaではメンズのSサイズを着ることができる場合、ウィメンズのMサイズもフィットします。

購入した時はメンズのM10ジャケットは高値に設定されていましたがウィメンズは安値に設定されており、かつカラーも男性が来ても不自然ではない色でした。

 

結果、上記の価格で購入できました。

 

しかし、②で状態と予算に見合うものがない場合、1~2か月ほど「待つ」ことも往々にしてあります。そのため、オークションなどではすぐに必要でないものを購入します。

メルカリの場合では個人の方の出品が多い印象で、待つことと思い切って値下げ交渉をすることがポイントでしょうか。

 

お得に買う方法として他にも

・アマゾンのタイムセール

楽天のスーパーディール

・店舗の型落ち品セール(見つけるのは偶然の場合が多い)

・zozotownの割引や古着

などを利用する方法もあります。

 

何かを購入するときに悩みは尽きないもの、でもその悩みの理由が単に「価格」というだけなら上記の方法を利用するのも一つのやり方だと思います。

 

 

皆さんの参考になればうれしいです。

読んでいただきありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

モノの選び方〜②伝統・ルーツ〜

f:id:takenori7:20170706230433j:plain

 

モノを買うときに、商品自体はもちろんのことですが、ブランドも大事な要素です。

 

といっても、いわゆる高級ブランドだから良い、名前も知らないブランドだから悪いということはないと思います。また、歴史があるから良いというわけでもなく、買おうと思う商品によって使い分けるのが賢い方法だと思っています。

 

例えば、家電やパソコン、カメラなどは基本的に新しいモノやブランドの方が性能が良く、最新に近いモノでも型落ちなどを探せば廉価で性能の良いモノが手に入ります。

例えば数年前に買った10万円の一眼レフと現在の10万円の一眼レフを比べたときに性能や機能は向上しているはずです。

 

余談ですが、上記の商品で一番悔しいのが、そのときの最新モデルを買ってすぐ後にさらに新しいモデルが発売された場合です。この場合、買った最新モデルの価格はさらに新しいモデルとほぼ同等にもかかわらず、性能は落ちるという場合往々にしてあるからです。しかもさらに新しいモデルが出た後に、買った最新モデルが型落ち品として値引きされているなんてことも……。

とはいえ、欲しいときが買い時と考えると悩みすぎるのも体に良くないと思いますが。

 

服や衣料品などの日用品となると基本的に廉価で歴史のあるブランドが良いと考えています。加えて専業でしていて、歴史があって廉価なブランドです。

最近はユニクロなどのファストファッションも質が向上し、普段使うには十分すぎるほどです。特にこだわりなどがなければなんの不満もなく使うことができます。

傷んできたらすぐに買い換えることもできますし、僕自身も日常のほとんどがファストファッションではないかと思います。

 

個人的な印象ですがファストファッションや総合ブランドは基本的に80点を目指すブランドではないかと考えています。その中でたまに90点くらいのモノがあるとネットなどで話題になり、一気に人気が出て売り切れることもあります。

 

一方で専業のブランドですと80点を目指していては、価値を見出してもらえず継続していくことが難しいのではないかと思います。

なので必然的に90点以上の商品を目指すことになります。わずかな違いのように思えますが、実際に使ってみると違いを感じられます。

 

例えば、バックパックではユニクロなどに比べて、グレゴリーやミステーリランチなどの高級バックパックは背負い心地や頑丈さも段違いです。

カリマーやドイターなどは品にもよりますが、上記の商品ほど価格が高くはありませんし非常に質が良いです。

 

専業ブランドの場合、使い心地や着心地は良いのですが、多くの場合ファストファッションなどよりも価格が上がってしまいます。

それでも日用品を中心にファストファッションなどと比べてもそれほど高すぎず、廉価な専業ブランドもたくさんあります。

そういったブランドは普段使いのモノに少し金額を足すだけで日常を少しだけ心地よくすることができるのでとてもおすすめです。

こういう状態や商品のことをコスパがいい、と個人的には考えています。

 

また現在は総合ブランドであっても、はじめは専業ではじめたブランドも多くあるので、ブランドの歴史を調べることで何が得意かを見つけることができますし、それもまた楽しいですよ。

 

個人的に好きなブランドや商品を下記に記載しますので、よろしければご参考にしてくださいね。有名なので皆さんご存知だと思いますが。あ、ちなみに専業でないものもあります。

 

パタゴニア ライトウエイトトラベルトート

グンゼの肌着(セブンイレブンOEM品を購入して着心地の良さにびっくり!)

hanes パックTシャツ

リーバイスのジーンズ(定価は値が張る感じなのでセールのときに購入)

ハイランド2000のニット帽

オーシバルのボートネックシャツ

アディダスNEO バルクリーン

スペルガのスニーカー

コンバースのスニーカー

タイガーの保温ボトル

TIMEX キャンパー(セールか中古がおすすめ)

今治タオル

Dr.ブロナーマジックソープ

ぺんてるのプラマン

ロディアのメモ帳

手ぬぐい

 

エアロビー エアロプレス

ブラウンの髭剃り(携帯用)

Turkのフライパン(並行輸入品・正規品は高いですが親子三代で使えます。)

 

 

カマルグ ペルルドセル(塩としては高いですが、料理が3割ましで美味しくなります))

ヤマロク醤油 鶴醤、菊醤

DIVELLAのパスタ

 

 

モノの選び方〜①デザインと機能の考え方


f:id:takenori7:20170706212343j:image


①デザインと機能の考え方

品質、というのはモノを買うにあたって、かなり大事な部分です。

それだけに一人ひとりの個性や好みが出る部分ではないかと思います。

なので、以下は僕個人ならどう考えるかということを書いています。

 

僕の中のガイドラインは、軽い、頑丈、シンプルです。

 

ブログには書いていませんが、最近ジュライナインのスシサックを購入しました。

 

このスシサックは、巻き寿司みたいにコンパクトに丸められるトートバッグなのですが、57gという軽さ!

そして生地は丈夫なリップストップナイロン(生地が破れた場合でも破れが広がりにくい生地)、そして形もおしゃれ感はありながら非常にシンプルです。

軽ければ軽いほど足取りが軽く、行動的に過ごせる気がします。

 

丈夫だと長く使えます。

 

シンプルというのは僕にとって重要なことで、いろいろな機能が付いていても、結局はいろいろな機能の中から一つの機能しか使わないことが多いんです。

それならはじめから、よく使う機能に絞った方がわかりやすいし、選びやすい。

上記のトートの場合ですと荷物が少なく気軽に出かけたいときに、迷わず選べるというのがありがたいです。

 

人間の意思力は筋肉みたいなものと言われており、使えば使うほど疲れますし、上手に使えば鍛えることもできるそうです。

なので、朝よりも夕方のほうが誘惑に負けやすいようです。

 

話が飛びましたが、僕は細かいことでも色々考えてしまう方タイプだと思っています。

その点では意思力を浪費しやすいと思うので、考えずに決められるというのがとてもありがたいのです。

 

ちなみに服やカバンなどでは素材を少し調べるだけで、モノの特徴や機能、品質が見えてきます。

モノの特徴が見えてくると、モノを買うことと先の記事で書きましたモノを買うことで解決したい内容を上手にフィットさせる事ができるようになってきます。

 

Tシャツ一つとっても、着心地の良いスーピマコットンを選ぶのか、速乾性のあるナイロンを選ぶのか、あるいは麻を選ぶのかで得られる効果が変わってきます。

 

フィーリングで決めてきたという方も少し知るだけで選ぶのがより楽しくなるのではないでしょうか。

 

服などの代表的な素材を以下に簡単に書きますので参考になれば嬉しいです。

 

コットン(綿)…丈夫、着心地が良い、水分をよく含む。コットンの中でも希少性があり着心地が良いと言われるスーピマコットンがある。

 

ナイロン…丈夫、速乾性がある、色々種類があり、バリスティックナイロンやコーデュラナイロンは非常に強度があり、バックパックなどでも使われる。リップスティックナイロンは破れても破れ口を小さく保つことができる織り方をしたナイロン。リモンタナイロンは高級感があり、バッグなどによく使われる。

余談ですが、僕の一番好きな素材です。

 

ポリウレタン…伸縮性がありナイロンや綿と組み合わせて使われることが多い。特にスキニーパンツではほとんどと言っていいほど使われる。またコーティングとしても防水目的などで使われる。加水分解という経年劣化があり、数年でボロボロになる場合もある。

 

革…豚、牛、馬と種類がありそれぞれ特徴的。基本的には頑丈で、フォーマルな印象。手入れをすると長く使え、経年変化を好む人もいる。

頑丈で長持ちするため靴によく使われる。

 

麻…天然素材の中では速乾性があり、保存性も高い。着心地は綿に劣る場合が多い。

 

ゴアテックス…レインウェアを中心に幅広く使われる生地で、水は通さないが水蒸気は通すため、ムレが軽減される。

 

タイベック…最近ペーパーウォレットなどで使われ知名度が上がってきた。元々は建材。強度も高く水も通さず軽い。熱に弱い。

 

 

読んでいただき、ありがとうございました。