ミニマリストのモノ選び

シンプルに生きるモノの選び方とたまに書考

料理男子が気になるもの~ANOVA~

低温真空調理。

 

あまり聞きなれない言葉ですが、最近少しずつ聞くようになってきました。

 

 

簡単に言えば、ジップロックなど密閉できる袋の中に肉などを入れて温度管理をしながら調理をするというものです。

 

メリットとしては素材に合った適切な温度と時間で熱をくわえられるので余計な水分が出ず、料理がジューシーな仕上がりになることす。

 

 

具体的に何ができるのかといえば、わかりやすいものでは「ローストビーフ」です。

ほかにはステーキなど。

 

どちらもお肉に火を入れる温度を管理できるので、慣れれば高級レストラン並みにおいしい料理が作れるようになるようです。

 

 

真空料理の守備範囲としては、上記のローストビーフやステーキなどのかたまり肉を扱うものや魚が中心です。

 

温度管理が難しいものでも手軽にできるのが良いですね。

 

逆に他のメニューはというとクックパッドなどを見ても多くはありません。

 

 

ちなみに野菜も60℃から細胞膜が壊れ始めて味が染みるそうで、おいしい「煮物」もできるのではないかなと個人的には妄想しています。

 

低温真空調理機で代表的な商品「ANOVA」の価格は20000円程するので、コスパはよくありません。

 

実際、少し手間をかければ料理用温度計と炊飯器だけでもローストビーフは作れますし……。

 

 

ブログを書いている12月時点で、発売元のアメリカで99ドルで「ANOVA nano」が発売されるという情報もありますし、本家のホームページを見るとwifiモデルだと99ドルで購入ができるのでかなり心を揺さぶられています。

 

個人的にはデザインもよりシンプルでコンパクトな「ANOVA nano」が欲しいのですが。

……どうしようかなぁ。

 

 

「ANOVA」のほうはアマゾンでも購入できます。

ANOVA

楽ちん・きれい・安い。三拍子そろった掘り出し物パンツ~GU ストレッチコットンクライミングパンツ~

GU「ストレッチコットンクライミングパンツ」
 
 
ライミングパンツといえばグラミチのニューナローパンツが代表格ですが、GUでもクライミングパンツが販売されています。
 
材質はコットン98%にポリウレタン2%で、グラミチのパンツと素材・割合ともに同じです。ポリウレタンが入っているのでストレッチ性があり、コットンだけのものより動きやすい仕様です。
 
 
◎いいところ
GUのホームページで見るサンプル写真だとやぼったい印象ですが、とてもシルエットが良いです。
商品の説明にテーパードがかかっているとありますがその通りで、足長効果も狙えます。生地の感じもパリッとしていて上品な綿パンという印象。
パンツ事態にベルトがついていて調整もできるのでいつも快適な締め付け具合が得られます。
上記の通りストレッチ性があることに加え、ガゼルクラッチといわれる縫い方がされていて大きく足を開きやすいので動きやすいです。
個人的に下手にブランドのチノパンを買うよりもこのクライミングパンツを買ったほうが良いのでは?と思っています。
 
◎イマイチなところ
ベルトのナイロンがチープな印象です。
このクライミングパンツの最大の欠点だと思います。本家グラミチですとベルトを垂らして少し見えるのがおしゃれな印象に見えますが、このパンツで同じことをしようとするとチープな印象になってしまいます。
なので、基本的にはベルトは見えないようにしています。
 
 
ジーンズは持っていますが、着ていてもう少し楽でおしゃれなパンツを探しているときにこのパンツを見つけました。ほかの候補としてはよく雑誌などで紹介されているノースフェイスのアルパインライトパンツや本家グラミチも候補にありました。
 
アルパインライトパンツはシルエットは確かに良いのですが、素材がナイロン系なので個人的な印象ですが何となくジャージっぽい印象でした。
 
グラミチはもちろん良いのですが、価格面でGUとの差を考えると微妙かなということでGUのクライミングパンツに決めました。
 
注意する点としては当たり前のことですが試着してから買ったほうが良いと思います。僕は普段Mサイズを履くのですが、このクライミングパンツはMサイズだと、それこそHPの写真のようにやぼったく見えてしまいました。
 
ワンサイズ下げてSサイズでぴったり。
エストのゴムも比較的緩めで、クライミングパンツらしく股周りには余裕が持たせてあります。
なのでワンサイズ下げても窮屈さはなく、それでいて足元がすっきり見えました。
 
 

 

〇選び方ポイント

・生地もしっかりしていて、シルエットがきれい

・ストレッチとガゼルクラッチでどんな姿勢でも快適

・グラミチのパンツと比べてコスパが良い

 

※GUは商品によっては売り切れたまま再入荷がない場合があります。ネットショップでは在庫切れで、このクライミングパンツも店舗のセールの棚から購入しました。

再販売されるとよいなと思っています。

少しだけ未来と上手に付き合うために考えてみた。

言うは易し、行うは難しということわざがあります。

僕が今までそうだったのですが、そりゃ言うだけなら簡単だよね。でも実際やってみるのは大変だよね、程度に考えていました。

 

今タレブ氏の「まぐれ」という本を(3分の1ほど)読んでいるのですが、その中で後知恵バイアスという思考の偏りについて書かれている箇所があります。

 

後知恵バイアスと言うのは、結果を見たあとでこうすべきだった、ああすればうまくいったと考える思考の偏りで、言うは易しの状態です。

 

ワイドショーなどでスキャンダルを見て、評論している状態というのがイメージしやすいかもしれません。

 

 

野球を例にして書くとこんな場面です。

 

高校野球で決勝戦2アウト満塁点差は2-4で勝っています。

 

この打者を抑えれば勝ち、ホームランが出れば負けという状況。

 

ピッチャーの持ち玉はストレート、カーブ、チェンジアップです。

 

そこでピッチャーはカーブを投げました。

 

しかし鋭いスイングでカーブを捉えられ、スタンドに運ばれてしまいました。

 

逆転サヨナラ負け。

 

この場面で解説者は言います。

「あの打者はカーブにタイミングがあっていました。ここはやはりストレートで真っ向勝負の場面でしたね。」

 

これが後知恵バイアスです。

といってもこのような解説者の発言はよく聞くと思いますし、ある意味自然なものです。

 

脳の思考の癖として様々な思考の偏りがあるからです。

 

恐らくピッチャーもキャッチャーもカーブを投げるべきではなかったと思ったでしょう。

 

ただ気になるのは「なぜ、投げる前にそう思わなかったか」です。

 

「まぐれ」に書いてあったことですが、過去はすでに起きたことで、未来は予測がつかないことです。

シンプルに言うと結果がわからなかったからです。

 

こう言うと当たり前のことなのですが、過去に対する考え方と、未来に対処する考え方を変えたほうが後悔が少ないかもしれません。

 

でも僕たちは何となく未来に対する考え方と過去に対する考え方を同じような思考方法で考えていたりします。

 

過去に起きたことはすでに起きたので決定事項です。なので、一つのストーリーに対して「良かった・悪かった」論になりがちです。

 

反省するにしても、上記の例で言えば「ストレートかチェンジアップを投げたら良かった(ここでは話をわかりやすくするためにコースや高さの話は省きます)」と思うくらいではないでしょうか。

 

 

一方で未来に対して(投げる前)の考え方は、

 

①ストレートを投げる

②カーブを投げる

③チェンジアップを投げる

 

の考えうる選択肢に対して、それぞれシュミレーションして考える必要があります。

 

いきなりどれにする?と聞かれても判断や決断のしようがないので、例えばバッターの前の打席でどんなボールを空振りしたか、あるいはヒットにしたか等を参考にします。

 

もしかしたら、これまでタイミングが合っていなかった球種に急にタイミング合うことがあるかもしれません。

 

情報としては不完全です。

その不完全な状態で、上記の例で言えば3つの球種を投げた状態をそれぞれイメージして抑える確率と打たれる確率をシュミレーションする必要があります。

 

過去について考えることが一つのストーリーに評価を下すだけなのに対して、未来について考えることは不完全な情報で、いくつものストーリーを描くことになります。

そして、それぞれのストーリーに対してうまくいく確率と失敗する確率をシュミレーションした上で結果に対して良し悪しを判断して、決断します。

 

未来を考えるより、過去に起きたことに対して良い悪いを言う方がずっと楽だと思います。

 

はじめのことわざに戻りますが、言うは易しの状態は過去に対する思考、行うは難しは未来に対する思考と考えることもできるも思います。

 

では、未来に対する思考を少しでも楽にするにはどうしたら良いのでしょうか。

 

例えばですが、一つのことに対して常に3つの選択肢を作り、成功した場合と失敗した場合をシュミレーションして、それぞれの場合で自分が取る行動を予め決めておくやり方はどうでしょうか。

 

シュミレーションした上で、決断する段階は直感だと思います。

それぞれイメージしたシュミレーションに対して、直感で選ぶ。

 

 

はじめはシュミレーションするのにも時間がかかるでしょうし、想定外のことが起きて考えたことが無駄になったと感じるかもしれません。

 

それでも繰り返すことで上達し、短くより適切な決断ができるようになるのではないでしょうか。

 

そうなれば今より少しだけ未来と上手に付き合えるようになるかもしれません。

 

 

 

なんだか独り言のような長い文章ですが、読んでいただき、ありがとうございます。

変化を愉しむ〜whitehousecox 3つ折り財布〜

 

1875年創業のWhitehouse Cox。その代表作とも言える3つ折り財布。ブライドルレザーを使用しており、とても頑丈です。

 

しっとりと手に馴染む革で、使うほどにつやが出て変化を愉しむことができます。

 

 

◎良いところ

革の印象がいいです。実際に上質な革で経年変化が楽しめます。

 

ポケットの作りも考えられており、使いやすい。特に小銭入れのつくりがお気に入りです。

 

◎イマイチなところ

実際のところ、使っていてほとんど不満を感じません。

 

あえて言うなら、うっかりして傷がついてしまったときに少し悲しいことと定価が高いことでしょうか。

 

といっても僕はネットオークションで新古品を半額程度で手に入れたので、なんとも言えませんが……。

 

 

ミニマリストといえばアブラサスの薄い財布を使用されている方も多いように思います。

 

僕も一度は考えましたが、お店で実物を見て自分にはフィットしないなと感じたので購入まで至りませんでした。

 

フィットしないなと感じたのは革の印象で、財布の作り自体はやはり魅力的です。

 

実はこの財布に出会うまで土屋鞄製造所の財布やコンパクトなカードケース、マネークリップなども試してみましたが、使っているうちに不便さや違和感を感じるようになり、長く使えませんでした。

 

そんな中、ネットで色々と調べているうちに出会ったのがWhitehouse Coxです。

 

Whitehouse Coxの中にも色々な種類の財布があるのですが、3つ折りを選んだのはこだわりがあったわけではありません。

 

定番だった、というのが一番の理由でしょうか。

 

創業して100年以上たっているブランドの定番ということは、見た目や使いやすさを含めて一定以上の質が担保されていると考えたからです。

 

実際に購入して1年以上経ちますが、Whitehouse Coxの財布は比較的コンパクトで、財布の作りも考えられており、僕にはとても使いやすいです。

 

触り心地が良いのもお気に入りの一つですね。

 

 

 

◎選び方ポイント

革の感じがいい

頑丈で作りがよさそう

財布には詳しくないので定番を選んでみる

豆のある生活(書考〜大豆は世界を救う〜)

タイトル名にあるとおり、大豆は世界を救うという本を読みました。

 

大豆はタンパク質やミネラルなどの栄養価がバランス良く含まれており、健康食で長寿に貢献するというような本です。

 

一方で現在の日本人は大豆を食べる量が少なく、もっと食べましょうとの提言もあります。

 

 

実はこの本を読む以前に、日本の長寿村と短命村をテーマにしたネットの記事を読んだのですが、長寿村では豆がよく食べられていたようです。

 

とは言え、実際に大豆を食べるとなるとハードルが高い方も多いのではないかと思います。

 

 

例えば納豆。

僕は好きで一食で3パック食べることもあるのですが、好きな人にとってはいい匂いですが、嫌いな人にとってはとても臭い。

 

次いで豆腐。

納豆に比べて癖はありませんが、味が淡白です。濃い味に慣れた人にとっては物足りないと感じるかもしれません。

僕は湯豆腐にすると美味しさが増す気がしています(笑)

そのまま食べるときは男前豆腐を買って食べます。

 

他には豆乳や大豆の水煮。

僕自身は納豆も豆腐も好きなのですが、豆乳は少し苦手です。牛乳のイメージで飲んでしまうので、少し癖があるように感じます。

とは言え、飲み物なので手軽に摂取しやすいと思います。

 

本の中では実験で一食だけでも継続して食べることで健康効果が得られるとのことでした。

(昼食をお弁当にしてもらい、魚や野菜、豆を中心とした健康弁当を一ヶ月継続して食べてもらう実験でした。その結果、コレステロールなどの数値が改善されたとのことです。)

 

 

僕自身、このところタンパク質を意識した食生活をしています。

健康を考える他に、コスパという視点からも大豆は非常に優秀です。

納豆ですと1パック約7グラムのタンパク質を含みます。それが3パックで60円から100円程度で買えます。

 

一方、肉だと牛肉、豚肉、鶏肉の中で平均して一番安価な鶏肉がセールの時で、ようやく価格対タンパク質比が同じくらいです。

 

コスパに加え、 手に入れやすさを加味すると納豆に軍配が上がります。

 

無理に食べる必要はないと思いますが、健康を意識するなら、何日かに一回でも大豆食を取り入れてもいいかもしれません。

 

ちなみに僕は大豆の水煮を1キロ買ってしまい、どうやって食べようか少し悩んでいます(笑)

 

もちろん、大豆だけ食べていれば健康で長生きできるというわけではありませんのであしからず。

 

 

おまけで納豆に混ぜてアレンジするのにおすすめの調味料等を書きますので、よければ読んでください。

 

食べるラー油

ごま油の香りとピリ辛な感じが納豆臭さを消し、パンチのある味に変わります。

中華好きの方におすすめです。

 

 

胡椒。

胡椒の辛さ以上に香りを感じる一品になります。一風変わった味が好きな方はチャレンジしてもいいかもしれません。

 

 

生卵。

たまごかけご飯にかけても美味しいです。卵の濃厚さを倍化する様にさらに濃厚な味が楽しめます。そこに海苔をかけると抜群に美味しいですよ。

 

大葉。

これはやや定番でしょうか。

中にはパックのタレに入っているものもあります。大葉の爽やかな香りが納豆の臭みを抑え、旨味を引き立たせます。

 

 

わさび。

納豆巻にわさびが入っているのをイメージしてもらうと味の想像がつくかもしれません。わさびの爽やかな辛味が納豆の匂いを抑えます。

 

 

カレー。

知らない人の前ですると引かれますが、美味しいです。納豆とカレー、強烈な個性を持つ2つがうまくマッチして食が進む一皿になります。

 

 

〜番外編〜

納豆が苦手な方にはオススメしませんが、納豆に添付のタレではなく塩をかけて食べるのもシンプルな味がして、たまに食べるといい感じです。

豆本来の味を楽しみたい方にオススメです。

日々の料理をグレードアップ〜色々な塩〜



f:id:takenori7:20170825233905j:image

 

持ち物は他の方と比較して少ない方ですが、塩は他の人よりもたくさん持っていると思います。

 

料理をするので調味料は必要です。

 

自分ではそのつもりはなくても色々と調べたり試してみる方なので、醤油と塩はたくさん持っていたりします。

 

今回は塩のことを書きたいと思います。

 

はじめに今まで試した塩で覚えているのが……

 

ゲランドの塩

カマルグ産フルールドセル

栗國の塩

ぬちまーす

ハワイシーソルト

アンデスの岩塩

 

などなど……

 

そもそもなぜ塩なのかという話ですが、味をつけるだけなら食卓塩で十分です。

 

しかし、塩の銘柄を変えるだけで料理の味が大きく変わり、極端に言うなら料理がグレードアップします。

 

具体的にここが変わるとは言いにくいのですが、はっきりとわかるくらい「どこか美味しく」感じます(笑)

 

エビデンスは持っていませんが、多分含まれるミネラルの種類や量がそう感じさせるの手間はないかと思っています。

 

一般的に海塩よりも岩塩のほうがまろやかで肉料理に合うと言われます。

 

実際、岩塩と海塩で味付けたものを比べると、海塩で味付けたものは塩気が強くやや刺さるような感じがあります。

 

一方で岩塩はちょうどよい塩梅になります。

 

逆にサラダに味付けをするなら海塩の方がいいです。

 

サラダには肉よりも多く水分が含まれているので、岩塩だとまろやかというより物足りない感じになってしまいます。

 

また塊が溶けないので味むらがすごいことに(笑)

 

 

たかが塩と言われればその通りですが、これに少しお金をかけるだけで毎日の料理が大きく変わるので、コストパフォーマンスは高いと思います。

 

 個人的に最初に買うなら価格と味のバランスがいい「ぬちまーす」がオススメです。

ただし売っているのが粉状のものなので少し使いにくいかもしれません。

 

少し前まではアマゾンくらいでしか見かけませんでしたが、この頃は近くのスーパーマーケットで見かけるくらいメジャーになってきました。

 

価格を度外視して美味しいと思うのはゲランドの塩、その中でも「カマルグ ペルルドセル」です。

 

塩だけで食べて美味しいのでびっくりした塩です。

 

この塩を使うと本当に料理の雰囲気が変わる気がします。

 

高いのであまり買いませんが……。

普段着・部屋着・水着~パタゴニア バギーショーツ~

 

 

パタゴニア「バギーショーツロング」

 

 

ナイロン製のショートパンツです。

撥水加工がされているので、多少の水滴ならはじいてしまいます。

 

内側にメッシュのライナーがついているため、ハーフパンツとしてだけでなく水着としても使える水陸両用のショートパンツ。

 

股下が13センチのものと18センチのロングタイプがありますが、持っているのは18センチのロングタイプです。

 

◎いいところ

とても速乾性があるので、洗濯だけでなく例えば汗で濡れてしまってもすぐに乾きます。これは非常にありがたいです。

 

軽くて着心地もいいので仕事がない日などはほぼ一日履いていることも。部屋着としてはもちろん、外に出るときもショートパンツとして使用できますし、ライナーがついているのでそのままプールや海に入ることもできます。

 

記事はナイロンでとても丈夫なので、長く使えそうです。

 

 

 

◎イマイチなところ

イマイチな部分があまりないショートパンツなのですが、価格が高いのはネック。

シルエットがやや太めなのでファッションにこだわる方は少し気になるかもしれません。

時期によってはネットショップでは買えないのは困ったところです。

 

 

沖縄に旅行に行くときに、ショートパンツを持っていなかったこともあり、水着としても使えるものを探しました。ユニクロでも同じようなコンセプトの商品がネット限定で売っていたのですが、見たときは売り切れ。ほかにも探しましたが、求めているポイントが一致するのがこのバギーズショーツだけでした。

 

割引率が高い楽天で購入。

 

ブログを書いている時点では楽天はほぼ売り切れ、アマゾンも非常に高い値段でしか売っていません。ほんの1か月前はどのお店もかなり在庫があったのですが。 

 

とは言え、非常にお気に入りのショートパンツで、普段着、部屋着、水着だけでなくハイキングに行くときにも履けるので、本当に万能です。

 

これだけヘビーユースすると洗濯する回数も増えるのですが、すぐ乾くし、丈夫なので本当によくできていると思います。

 

ちなみにポケットは両サイドと右後ろの3つで、後ろのポケットにはボタンがついています。両サイドのポケットは深いので適当にものを入れてもなかなか落ちません。

 

沖縄で水着として使ったときに砂が入ったのですが気づかず、後日乗鞍岳に上っているときに砂に気づきました。というわけで沖縄の砂を乗鞍岳に撒いてきました(笑)

 

 

◎選び方ポイント

普段着、部屋着、水着、ハイキングウェアとしても使える万能さ

速乾性

丈夫な生地

 

 

アマゾン・楽天ではほぼ売り切れだったので、公式サイトで買うのが一番かもしれません。

メンズ・バギーズ・ロング(股下18cm) | Men's Baggies Longs - 7" | パタゴニア | オンラインショップ | アウトドアウェア