ミニマリストのモノ選び

シンプルに生きるモノの選び方とたまに書考

軽くておしゃれなレインジャケット~TNF ストライクジャケット~

f:id:takenori7:20170301001352j:image

 

The North Face「strike jacket」

 

防水ジャケットの3層構造では超軽量の130g。すごく軽いです。3層構造というのはナイロン生地で防水生地をサンドイッチしたような構造のことです。収納袋もついています。

着た感覚は完全防水のウインドブレーカーという感じです。

3層構造の防水ジャケットとしては価格が高すぎないのも良いですね。

 

◎いいところ

 一番は軽いことです。防水ジャケットというと生地も固くて着るのに少し気合がいる感じがしますが、このストライクジャケットは記事も比較的柔らかく気軽に羽織る感じです。その上、雨などの水滴をシャットアウトしてくれるので日常使いにはもちろん旅などにも最適です。

軽量の防水ジャケットというと、よくあるのが2.5層のジャケット。2.5層というのは外側にナイロンなどの生地がありその内側に防水生地をプリントしたものです。防水生地は着たときにべたつく感じがするのでその軽減のために別の素材を生地にプリントしていますが、防水生地は露出しているので実際はそれでもベタつき感はあります。

3層構造のストライクジャケットはそれもなく、快適に着られます。

 

◎イマイチなところ

 軽量化のため、生地が薄いです。

ジップに生地が噛みやすいのも気になるところ。実際、胸ポケットを急いで閉めたときに生地がかんでしまい試行錯誤していたら内側が1センチほど破れてしまいました。

収納を袋に入れないといけないところ。できればパタゴニアのM10ジャケットなどのように胸ポケットに収納できる形ならなお良かったです。

 

このストライクジャケットに出会うまでは中古で購入したパタゴニアM10ジャケットを愛用していました。

M10ジャケットのほうが生地や作りもしっかりしています(価格もずっと高い)。用途としても本気のクライミングなどでも使えるため、防水ジャケットと着ている、といった感じがありました。

 一方でストライクジャケットは気軽に羽織れる感じ。

山登りはしますが、自分の生活パターンを振り返ると圧倒的に山で着るより街で着るほうが多い。その為、ガッチリとしすぎていない防水ジャケットと探していたときにインターネットの軽量な防水ジャケットを比較した生地で初めて見かけました。

街できるならデザイン性も高いほうが良いと考え、ノースフェイスを選びました。

もちろん他のジャケットも良かったのですが、自分の感覚とフィットしたと感じたので。

 

 購入してからのおそらく一番よく着用しているのではないかと思います。

時期によってはほぼ毎日着ています。

 

○選び方ポイント

・コンパクトで軽いのでいつでも持ち歩ける

・街で着る想定なので、機能はそこそこにデザイン重視

・防水ジャケットとしては比較的安価

 

ちなみに僕はインターネットオークションで購入しましたが、新品ならアマゾンか楽天でも購入できます。

好みの色があればアマゾンよりも楽天の方が選択肢はありそうです。

 

ザ・ノース・フェイス(THE NORTH FACE) ストライクジャケット NP11500 MR モンスターブルー M

 

ノースフェイス(THE NORTH FACE) ストライクジャケット Strike Jacket NP11500 K メンズ レインウェア (Men's)